2015年12月4日金曜日

第58回東京国際ギターコンクールが始ります。

明日から東京国際ギターコンクール2次予選会です。邦人9名、海外9名(韓国2名、中国1名、USA2名、オーストラリア1名、スペイン1名、フランス1名、イタリア1名)計18名
邦人と海外勢の参加人数が同等なのは珍しいことかもしれません。世代交代した新しい理事会での運営です。今年の本選審査員は、理由は存じ上げませんが、評論家の方とピアニストの2名だけでギター関係者寄りに多くなっています。2次予選の課題曲もバッハが外され近代作曲家のM.ポンセのソナタ・ロマンティカⅠ&Ⅱです。課題曲のハードルが下がったせいか?邦人参加者が増えたのかもしれません。しかし課題曲としては審査向きとは思えず厄介な結果にならないことを願います。まあ、一度に色々な演奏が聴けるわけですからそれを楽しみに足を運びたいと思います。