2013年11月15日金曜日

音楽大学ギター科在籍者&若きギタリストたちによるギターコンサート

昨年に続き、今回も応援のつもりで聞きに行きました。6時30開演でしたので通常のコンサートより早いです。仕事場から地下鉄を利用して行きましたが、どうも最近どんくさくなってきているようで乗り換えで間違えてしまい1人目を聞き逃し2人目の2曲目からになってしまいました。
一年ぶりですが、ヤマハホールはギターの音が良く聞こえてくるいいホールです。
こうした場で演奏できることは、若手の方にとっていいキャリアになるなあと思います。
しかし集客が難しいですね。昨年始めて伺って観客や関係者が少なくて出演者がかわいそうだなあと感じました。今年は若干増えたように感じましたが、どうでしょうか?


それと今後のために老婆心から出演者の方へ
トップな方は聞けませんでしたので、2番目の北田さんは、挑戦している意気込みを感じ良かったですが、少しだけテクニカル的な面で余裕が持てる曲想を持ってくるともっと良かったなあと感じました。
3番目の田中さんは、高音は良い音がしていましたが、低音が湿った音であまり音が際立って聞こえませんでした。勿体ないので改善されるといいですね。
原因は、汗でしょうか?絃がへたっていた?最近は、いい低音弦が出ていますので換えるだけでもいいですよね。
最後に弾いたデュオのお二人ですがすべてオリジナル曲でしたが、ヤマハホールというクラシカルな場に合わない曲想でした。やはり、場に合った選曲をすることが今後の演奏活動に影響するでしょうから周りの関係者や主催側に趣旨と他の方の演奏曲目を聞き、その後の流れを考慮に入れて選曲されることをお薦めいたします。
出演者のみなさんお疲れさまでした。さわやかで良かったですね。
今後の精進を期待いたします。
頑張ってください。