2012年10月18日木曜日

練習曲(エチュード)を学ぶ目的?

そもそも練習曲(エチュード)を学ぶ目的とは? なんでしょうか? 

特に古典時代から作曲家兼ギタリストたちは、多くの練習曲を残しています。また、この時代のギタリストは、幼少のころにヴァイオリンやチェロ、ピアノ教育を受け、作曲法も学び青年期にギターを始めて明らかに他楽器から音楽一般を学びギターに応用させている共通点を見ることができます。
そしてこの頃から出版という大衆への楽譜流通がはじまりました。

そうなりますと音楽を学んでいない人々にも自由に作品が届くようになります。
出版社は、楽譜をたくさんの人に購入してほしい!

しかし作曲家は、自分の個性を出したい。個性をだすと表現技術の種類が増えたり、難度が高くなってしまうことがあります。

そこで段階的に技術をステップアップする曲や様々な表現技術を一つずつ身につけてもらう為の曲が必要になります。古典期の練習曲は、概ねこうした目的で練習曲が書かれています。

例外もあります。作曲家によっては練習曲であっても理性より本能の勝ってしまい音楽的面白みに重点が置かれている場合もあります。それは、練習曲とタイトルが付いていても小品と見た方が賢明で学習プログラムに入れない方がいいですね。

なんで練習曲を学ぶのか?お分かりいただけたでしょうか。

つまらなくても「継続は、力なり」